なぜ若い人も癌になるのか

ひと昔前は癌といえば比較的高齢者の病気とされていましたが、最近では若い人の発病にも注目が集まっています。そもそも高齢者よりも健康で免疫もも強いとされている若い人たちもなぜ癌を発病してしまうのでしょうか。

1、もともと癌に対する免疫がない

20代や30代で癌を発病してしまう人にはもともと免疫がない人がいます。通常はこのような年齢でがん細胞が発生しても免疫がその細胞にたいして働くため大事には至りません、しかし若くして発病してしまう人にはこのような免疫機能がうまく働かず癌を患ってしまうのです。

2、現代のストレス

免疫のある人でも現代のストレスによって免疫力が低下し発病にいたってしまうケースがあります。若い人たちは勉強や仕事、育児などせわしなく働き、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまい自律神経のバランスが崩れてしまいます。その結果として免疫機能の働きが鈍り癌につながります。

最後に、上記にあげた理由以外にも若い頃からの喫煙・偏った食事・運動不足など様々な理由があります。これらも含めて若い頃からのの生活習慣などに気をつけることによって防げる可能性もあるため自分の健康と向き合っていくことが大切なのかもしれません。

>>がん予防の習慣を!⇒フコイダン サプリ 比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です