癌の治療法

 癌は昔は「不治の病」として知られていました。

 ところが最近の癌治療は日進月歩の勢いで進化しています。今回はそんな癌治療の方法についてまとめました。

1.外科療法

 まずは一番の基本となる外科療法です。

 癌はいってしまえばただの腫瘍ですので、腫瘍とその周辺を完全に切除してしまえば治ります。外科療法には「拡大根治手術」や「内視鏡手術」など様々な種類があり、癌の進行状況や状態によってその方法は変わってきます。

 外科手術が難しい場合や、転移が多くて外科手術では追いつかない場合には、以下の療法が試みられます。

 

2.放射線療法

 放射線療法は、X線などの放射線をガン細胞にピンポイントで当てることによって、周囲の細胞を傷つけずにガン細胞を死滅させる方法です。

 この方法の大きなメリットは、外科療法では手が出せない部位、または患者の状態でも治療ができることと、臓器の機能を損なわずに治療ができることです。

 外科療法では手が出せない状態とは、お年寄りなど、外科手術に身体が耐えられなさそうな人のことをいいます。放射線は身体に与える負荷が少ないのです。

 デメリットは、副作用の発症や、回数制限です。 

 副作用で代表的なのは、患部の炎症や、全身の倦怠感などです。

 また、放射線治療はその名の通り放射線を人体に当てるものなので、あまりに当てすぎると人体に悪影響が及びます。それゆえ、放射線治療には回数の制限がもうけられているのです。

3.化学療法

 化学療法は抗ガン剤治療のことです。抗ガン剤を体内に取り込むことによって癌を撃退します。化学療法のメリットは、なんといってもその効果が全身に及ぶことです。

 前述した2つの治療法は、どちらも局所的なものであり、全身に対して効果が及ぶことはありませんでした。ところが、化学療法では、抗ガン剤が血液やリンパを巡るので、効果が全身に及びます。

 デメリットは、副作用が大きいことです。抗ガン剤の治療は副作用のイメージがありますが、全身に薬が作用するということは、正常な細胞も同時に傷つけているということです。そのために、つらい副作用が出ることがままあります。

 実際の治療では、まず外科療法や放射線療法によって局所的に大きなガン細胞を取り除いた後、化学療法で全身にまわった小さなガン細胞を死滅させることが多いようです。

この3つのほかにも近年ではレーザーやホルモン、凍結による治療法も出てきています。多様な治療法が用意されている現在、癌の治療は昔に比べてずっと進化しているのです。

>>抗がん剤 副作用 軽減

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です